サンスター健康道場「粉末青汁」を試してみました。

この記事はサンスター健康道場「粉末青汁」を利用するにあたり、ご注意いただきたい点をまとめています。

ご参考になればうれしいです!

サンスター健康道場「粉末青汁」のパッケージ

じつに清潔感のある爽やかなパッケージで、10本づつ区切られて梱包されて箱裏には商品詳細と作り方の説明がある。

サンスター健康道場「粉末青汁」を飲んでみる

箱に記載してある作り方をもとに、コップに水を160mlほど注ぎ、粉末青汁を1パック入れると写真のように分厚く浮かびます。

「むむ、これは結構すごい量だな。。。」私も最初はびっくり。


でも、常温の水で数回かき混ぜると、スッと溶けて、固まって「ダマ」になったりはしないので、安心してかき混ぜてください。


そしてさすが100g!めっちゃ濃い色で誘惑してくるようです!

サンスター健康道場「粉末青汁」の飲みやすさは?

匂いは、青野菜が凝縮された濃い匂いがします。


新しく張り替えた畳のお部屋の匂いというか、日本人には懐かしいかもしれません。


味は、甘味も全くないので、「美味しい!」という感動はないのですが、それも余計な添加物や糖質が入っていないことの裏返しです。飲んだ後に、他の食事をしてもそれほど味への影響は感じないものの、この辺は個人の感想と考えてください。


公式サイトでは、サンスターの粉末青汁は苦味が強いケールだけではなく、甘味があるブロッコリー、抹茶のような香ばしい香りの大麦若葉、スパイシーな味わいの明日葉、粉っぽさを抑えるモロヘイヤを絶妙のバランスで組み合わせているから甘味料や香料がなくても飲みやすい、との説明しています。


飲みやすさについては、1包で10gはとてもボリュームがあり、粉っぽさは感じるものの飲みにくさはそれほどでもなかったかな。。。


ネットの情報では「高い」という口コミもよく見ますけど、実はコスパは別に悪くないんですよ。


確かに1包みで比べると高めかもですが、グラム単価は圧倒的に安くて、材料や生産地にも不安がないことを考えて、私的には価格はとても納得しています。


トップページでも紹介しているが、下記の一覧を参考にしてくださいね!

商品名 内容量 税込価格 1gあたり単価
サンスター健康道場「粉末青汁」 10g x 30包 (300g) 4,860円 16.2円
サントリー「極みの青汁」 3.3g x 30包 (99g) 3,888円 39.3円
やずや「六条大麦若葉」 3g x 63包 (189g) 6,804円 36円
大正製薬「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」 6.8g x 30包 (204g) 4,104円 20.1円
世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」 3.2g x 30包 (96g) 3,704円 38.6円

実はサンスター「緑でサラナ」と飲み比べていました

昔の青汁ってとにかく飲みにくいイメージだったので、最初は同じサンスターの「緑でサラナ」を買って試してみました。


「日本でただ一つのコレステロールを下げるトクホ」というキャッチコピーにも惹かれたことはナイショです。ふふふ。


生まれて初めての青汁だったので、 流石に飲みにくさを感じてたものの、気合の一気飲みを続けていました。


体調が劇的に改善してめちゃくちゃ調子よく感じるということはなかったのは事実なんですが。。。


なんとなくではあるんですけど、体が軽く感じてはいたんです。確信に変わったのは実際健康診断の数値が改善されてから。


ところが!


ふと気がついた「一缶あたりの栄養表示」に「糖質:11.5g、食物繊維:1.2g」との記載が!


なんということでしょう、糖質が食物繊維の10倍も入っている?? 色素系も2種類入っている。。。


材料として糖分を 加えそうなのはリンゴだけだなんですけど、さすがに毎日飲むものに11.5gの糖質は多いのでは?と思って、代わりの青汁を探して、比べて、たどり着いたのが同じサントリーの「粉末青汁」だったというわけ。


結果はすでにご説明したとおり、最初から苦味はほぼ感じなく、意外な飲みやすさにちょっとびっくり。


味はまあ、大丈夫。じゃあどうしようかと考えたときに、我が家決めてになったのは、国産100%、添加物なし、糖分なしの3点でした。


繰り返しになりますが、生産者の顔が見えるやはり海外から入ってくるものは生産者や農薬を使っているかとか、新鮮な野菜を使っているかなどを確かめるのが難しいので、すごく気になるんですよ。


信頼のおける国内メーカーが国産の野菜を使って作る。


商品に安心を感じたし、私にとっては生産者と製造メーカーの顔が見えるってとてがとても大事なことなんだと、改めて気がつきました。


自分で体験してみないと気がつかないことの方が多いものですね。

サンスター健康道場「粉末青汁」に決めた裏?事情

erupting volcano
grayscale photography of wreckage of houses
white volkswagen beetle on snow covered ground during daytime

もう一つ、青汁選びで欠かせなかった裏事情があります。


それは「防災時の非常食」。


首都圏に住む私と家族にとって、食べ物の選択は災害時の非常食を考えるとはとても重要な点です。


いつきてもおかしくない関東圏の大地震。考えて、備えずにはいられませんよね。

「最悪の場合、死者2万3,000人、経済被害は95兆円に達すると言われる首都直下地震。今後30年間に70%の確率で起きると言われています。本当に起きるのか。想定の根拠は何か。対策を進めるうえでも知っておくべき重要な話です。」

ある程度の 備蓄はしていますが、やはり野菜については備蓄ができないこともあり、頭を悩ませる問題です。


野菜カレーとかトマト缶などあるけれども、やはりレトルトや缶詰ってかさばるし重いし、保管も場所を取る。そして何より、いざという時の荷物としては重くてたくさんは持って歩けない。

これ、意外と致命的な点です。


災害時には、ライフラインもインフラも止まる。生鮮野菜が真っ先に手に入らなくなる。非常食も炭水化物や糖分、タンパク質が中心の献立です。


さあ、どうする? どうやって家族の健康を守る?


3ヶ月から半年は保管ができて、かさばらず、他の防災グッズ・食糧に加えても重くならない、そんなスーパーな野菜不足補助食品ってなんだ?と考えたときに、ほぼ満点だったのがサンスター健康道場「粉末青汁」だったんです。


・糖分なし、添加物なし・他の食事に混ぜても邪魔しない・食物繊維も豊富・なんと言っても保存が効いて、コンパクト。しかも軽い!


多分これ以上はなかなかないんじゃないかと、ひとりほくそ笑んでいたが、気がつく人は気がついている。


特に小さなお子さんがいるご家庭の主婦の方は、日常でも好き嫌いの激しいお子さんの好みに四苦八苦。それが災害時の限られた食料の中で、確実の不足する野菜をぐずる我が子にどう摂らせよう・・・。


もう、無理ゲーですよ、そんな状況。。。


その対策を日常的に考え、準備していらっしゃる方もいて本当にすごいなぁと素直に感動しました。


この記事を読んでくださったあなたにも、ぜひ考えておいていただきたいポイントです。


自分と家族の命、自分で守りたいですもの!


関連記事